未来おっさん:福岡市博多区のチラシデザイン・印刷担当者サイト

top

NPO の広報をやって行きたい!
そんな決意を抱かれた方。
いちばん迷われるのは。
どこへ話をすればメンバーが
あつまるのかな?
NPO はどんなチラシを
作ればいい?
印刷会社へお願いして
出来上がってきたけれど
なんとなくしっくりいかない。
このようなお悩みを お持ちの方、
どうぞおまかせください。
福岡市の城南区で、
NPO 広告のご相談を承っています。
NPO の活動を広めていきたいと
考えていらっしゃる方にとって、
広報は大事な事だと考えます。
広報活動がうまくいけば、
仲間が集まってくる。
助成金の申請が通りやすい。
活気のある活動ができてゆく。
つまり、広報活動自体が組織の運営の要であ
るとも言えます。
大体において、NPO の法人さまは、広報活動
が苦手です。
利益を追求する企業であれば、売りどころや、
見本のチラシがあり、イメージを抱きやすい
のですがNPO では、これといった見本やCM
が無い為に、非常にイメージが掴みにくいの
が現状です。
私は、福岡市城南区でチラシ印刷・カタログ
印刷など制作をおこなっています。
印刷物を中心としたデザイン歴は20 年。
紆余曲折ありましたが、一人でデザイン会社
を営むようになり10 年目になります。小さな
福岡市城南区の自宅兼事務所でお仕事をさせ
ていただいております。
また、印刷などのお仕事をさせていただいて
いると、いろいろなご相談をいただくことが
あります。
そんな中で、お客様は、様々なお悩みを抱え
ていらっしゃる事がわかりました。
『どうしたら、みんなに伝わるチラシが作れる
んだろう。』
『なんだか、何でも入れていったら、文字ばか
りになってしまって…。』
『説明が難しいから、自分で原稿を持ち込みま
したが、なんだかデザインが、素人みたいで
恥ずかしいです!』
NPO の広報は、活動や理念が複雑なために、
非常に表現が難しいのが現状です。
印刷会社さんや、ホームページ作成会社さん
の場合、ミスをしないためにはどうしたら良
いのか?という事が第一です。
お客様が印刷物やホームページを何の為に
作ってゆくかという目的に関しては
あまり言及されないというのが普通なのです。
それは、会社という組織が、制作という事に
重点を置いている限りは、仕方がないと感じ
ています。
世の中の常識が、ミスをしない、普通に出来
て当たり前の世界になっている為に、そういっ
た問題は仕方がないと思うのです。
しかし、本当は、今、一番大事なことは、チャ
レンジする事のような気がします。
通常の会社では、
●写真を間違えないようにチェックを重ね
●文字を間違えないようにチェックを重ね
●何度も単語ひとつにしてもお客さんに校正
紙を出し
●膨大な量の校正紙を徹夜で全て見直す
そういった恐ろしく手間がかかる過程をとる
のが普通です。そして、大手の会社は、そういっ
たクオリティは最強です。

コメントを残す