未来おっさん:福岡市博多区のチラシデザイン・印刷担当者サイト

活動を広めるにはリアルな活動を伴うべき

チラシやホームページ。

それぞれに、自分の分身である。

しかし、その活動を拡げてゆくには、自分自身が自ら動く事も忘れてはならない。

あくまでも、自分が活動の根源であり、チラシや、ホームページは、分身であるか、コピー。つまり影でしかない。

基本姿勢として、リアルで人に接し、話し合い、リアルな自分を知る人を拡げてゆく事だと思う。

会った人が、その影を見つめ直して、もういちど思い返す。

そんな仕組みがあればいい。

 

経済活動は、基本の活動ではある。

お金が動く活動。

依頼があり、作業、サービス、商品の見返りとしての対価があり、企業は運営されてゆく。

これが、基本的な経済活動なのだけれど、

知識活動、啓蒙活動。これを忘れて活動していると、自分がジリ貧になってゆく。

今、自分が、何を行っているのか。

ただ単に、消費者から対価をいただき、日々の生活の糧を稼ぐだけとなれば、いずれ、先細りになってゆく。

生真面目に、自分の技術を守り、日々精進し、その技術を高めて来た伝統の技に継承者がおらず、少しずつ衰えてゆくのは、知識活動が欠けているからだと思う。

自分の作業が、どう、世の中に役に立っていくのか、どう世の中に関わって行くのか。

そういった様々な事を啓蒙して行く手法が必要となるのだと考えている。

小さな事からで良い。

先に続く小さな活動を今から始めて見るということも大事なのではないかと考えている。

コメントを残す

関連記事